HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS えろげー雑記B「夏めろ」「いつか、届く、あの空に。」

<<   作成日時 : 2007/03/24 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

風邪からだいぶ回復してきましたがまだあーぱーな感じの紅茶奴隷です。
発作的にこんなのを貼っちゃうくらい、ええもう。

画像

画像

画像

画像

画像

>夏めろ「それは幸運の尻尾だったのか」
メーカー公式:http://www.acaciasoft.jp/index2.html
画像

朝、ちょっと冷静になったので見直す。
やってたのはしばらく前ですが、ええ、本当にこの娘さんがたにはお世話になりました。
正直社会復帰が危ぶまれるほどでしたがwバナーは一応好きな順番ってことで。
秋→いいんちょ→・◇・→美夏→つぐみの順番だったんですけど、私はとりあえずつぐみで完全KO。インモラルなテキストには結構弱いんですかね……シナリオ的には橘花たんが一番良かったような気がしますけど。いいんちょはSというよりむしろメンヘルっぽい臭いがイタかったです。でもハアハアしたけどなっ(自爆)
良く変態ゲーといわれてますけど、私はそうかな?と思いつつもそんなディープでもないかなあ、と思ってました。SMといってもあくまで言葉責めとか倒錯シチュ程度だしコトが終わるとあっさり素に返ってるし(ここ大事)。共依存ぽい関係とか欲望にあっさり流されちゃう思考回路とかは純粋に「これが若さか……」って感じでした。むしろつぐみや秋のシナリオで顕著な「背徳感」の演出が非常に上手いと思いましたね。僕たちイケナイコトしてますハアハア、みたいな。
すでに多くの方に語られていますが、このゲームには長い話も深いドラマもありません。あくまでひと夏の恋愛のワンシーンを切り取った、それだけのお話です。ですが、テキストの密度と語り口がちょっと普通のエロゲと違うんですよね。なんつーか、青臭くて生臭くて、全然綺麗じゃないのに、とても「あの時」の青春っぽい。重苦しすぎるわけではないけど、かといって軽くもない。ナマの欲望とイコールでひとを好きになることが不自然でない年頃のお話。
で、主人公とヒロインが繋がってカップルになった、そこですっぱり話を終えてしまう。
その後に待ち受けるであろう葛藤とか喧嘩とか別れとか妊娠とか流血とか(嫌、最後はあくまで憶測ですけどね……)そういうドラマははなっから描こうと思ってないんですね。
なんかそこが潔くて好きです。ねちっこく描ききってたらそれはそれで凄いのになってたとは思いますが、中途半端な大作よりまとまった小品であることを選んだこの作品は私にとって今年最初の名作になりました。つぐみ可愛いよつぐみ。
何気に音楽や背景も綺麗ですよん。

画像

画像

>いつか、届く、あの空に。「お主人ちゃん危機一髪」
メーカー公式:http://www.lumpofsugar.co.jp/index2.html
で、こちらは私にとっては名作になりそこねた作品。ふたみとコノはほんとに可愛いんですよええ。ちなみにコノの中の人は邑那さんと同じですが……声優さんって凄いですね。
食欲魔人のルートの代わりにまったり日常ルートがあれば神認定しても良かったのですがね。傘ルートが説明のためだけにくっつけられたと思しき阿呆な展開なのはともかくとして、どのルートでも説明不足が大きく足を引っ張っています。正直,後半は完全に置いてけぼり。2chの考察とか読んで補完はしましたけど、なんでゲームの中でそれが出来ないの、って気もするし最後判ったから認める、ってのもちょっと違う気もするし。2chで頑張って考察してた方々は尊敬しますけど、正直そこまでして理解してやらなきゃいけないほどこのシナリオは深くないです。むしろネタを詰め込むだけ詰め込んで収拾がつかなくなったんで放り投げました、ってのに近いと思う。やりっぱなし。ライターの責任かディレクターの責任か知りませんけど。
難解だから深い、ってのとは違うと思うんですよね。情報を適正に配置できないのはただの不親切、もしくは上手く語る力量の不足、でしかありません。北欧神話を知ってれば、歴史を知ってれば云々、ってのは所詮言い訳。これを完成品として売るのは完成と言う言葉に対する侮辱ですね。
ある方が「前半の星座云々に意味が全く(ほとんど)無いのはいかがなものか」と言う趣旨の感想を書いておられました。全く同感です。ふたみに感情移入してきた俺の時間を返せ!って感じでしたね。
まあ、といってばっさり切り捨てるには非常に惜しい作品なのも事実ですが……
絵の美麗さは言うに及ばず、音楽もよく出来てるんですけどねえ。この作品もサブがいい味出してます。特に男連中はイイ!はっきり言って主人公よりよっぽどカコイイですよ。
「OKババア、愛してるぜ」
この台詞好きですねー。誰か、菊乃丸のお墓に花をあげてやってください……

なんかとりとめがなくなってきたので今日はこのへんで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えろげー雑記B「夏めろ」「いつか、届く、あの空に。」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる