HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記「お買い物:電撃文庫他」

<<   作成日時 : 2007/06/12 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんな感じで。中から今日はこれをピックアップ。
ぼくと魔女式アポカリプス 3 (3) 水瀬葉月

画像
絵師はご存知藤原々々さん。毎回表紙がとってもえろいのです。
で、今回も期待通り(?)どろどろに中々救いの見えないお話が描かれているわけですが……
正直ハッピーエンドが好きな人にはお勧めできないです。私は好きですけどね。
画像
個人的には、「代替魔術師」の概念から導き出される「方法」に対して主人公が葛藤の末に出した回答に至るまでの心の動きを丁寧に、そしてあくまでも情感豊かに描いている部分が好きです。1巻なんかほんとボロ泣きしましたよ。ただ、この世界観を覆すような新展開はないまま3巻まで来ちゃってるので、正直読むほうは新キャラが出るたびに「あー、次はこいつが死ぬのか……」とガクブル状態でした。何しろ1巻からどんどんレギュラーが(以下自主規制)
作者さんのあとがきを見るとどうも3巻で一旦休止ということになりそうですが、埋もれさせておくには勿体無い作品だと思います。ガジェットやキャラクターの使い方などをあれこれ考えるに、一部の隙もなく構築された世界観、とか広がりのある群像劇を期待する人には向かないと思いますが、「答えが破滅しかない命題に対し、いかに主人公なりの答えを出すか」といったある意味読者自身の思考をも計るような物語に惹かれる方にとっては、何かしら心に刺さるであろう作品かと。希望がまったく示されていないわけでもないですしね。
私の駄文を読んで気になった方がいらっしゃいましたら、とりあえず1巻だけでも読んでみることをお勧め致します。
絶対に2巻からとか途中から読もうと思ってはいけませんよ……へこむから。うん。

まー、前回買った本もまだけっこう積まれてたりしますが、合間合間にゆるいのを挟めないと精神的に疲れるのでー。
刀とSHINOは読了済ですが、次はオイレン2巻かな。うぶちんも書いてる内容はきついんですけどね。
ただ、こっちは辛辣なユーモアに乗せて語られる分まだ冷静に読むことが出来るのかなあと。

ぼくと魔女式アポカリプス〈3〉 (電撃文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑記「お買い物:電撃文庫他」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる