HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記「本日のお買い物」

<<   作成日時 : 2007/07/23 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スプライトシュピーゲル 2 (2) (富士見ファンタジア文庫 136-9) 冲方丁

待ち焦がれたぜえええ。感想はまた今度。

>月蝕島の魔物 田中芳樹
もう全盛期のパワーは無いかなあと思いつつも買ってしまう私は田中信者。

>天上天下 17巻 大暮維人
絵の力というものをいつもまざまざと感じる作品ですね。ただし、顔は一人で描いてる気がしないほどコロコロ変わるような気も……しますがそれでも統一性は保たれているのが不思議。

>覚悟のススメ 完全保存版 5巻(完結) 山口貴由
読み切りがまだあったと思ったのだが入ってないような。勘違いかな?

>銃夢 LastOrder 10巻 木城ゆきと
正直、銃夢がここまで話膨らましてくるとは思わなんだ。
イドやフォギアが遠く感じる……面白いからいいけど。
とりあえず絶火はいいキャラですな。


……なんか毎回小説と漫画(及びえろげー)のことしか書いてないような気がする私ですが。

一応言い訳をしておくと、このブログでは日常と遊離した物しか扱わないつもりなので、政治とかその辺のカタいネタは基本的に載せないつもりでおります。
とは言え、自分の本棚を眺めるとそういう類の本もなんだかんだと買ってはいるわけで。
いくら私でもいつも18禁なことばかり考えているわけではございませんよ。
(……それはどうかな?^^;)

政治についてはともかく、「神話・宗教史」「世界史」「数学・物理学史」「詩」あとラノベ以外の一般小説といった所は守備範囲には入ってるので、今後関係書籍を取り上げることはあるかもしれません。
要望があれば、テーマを設定して選んだ蔵書から面白かった部分などあげてみるのも悪くはないですね。
とは言え、こちら全く専門家ではないので、自分の中では考察するというよりは、そのネタに触発されて別のものを書くという感じが強いですね。
私の興味は歴史を検証するというよりは、むしろ歴史からいかなる多面的な物語を引き出せるか、という方向に傾いていると思っています。

その他で言えば、私は一部の種類の音楽について無駄な量の雑知識を持ってはいますが、こちらもまあネタが浮かんだらそれに合わせて取り上げることはあるかも。
良い歌詞には簡単に感情移入してしまう性質なので、特定の曲から物語が浮かぶのもまたよくある話です。殿子のSSなんか良い例ですね。おかげで殿ちんは泣くはめになったわけですが、ヒット数から見ると割りと良い評価は頂けたのかなあ、とほっとしております。
スプライトシュピーゲル II Seven Angels Coming (2) (富士見ファンタジア文庫 136-9)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑記「本日のお買い物」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる