HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記「発売一周年」

<<   作成日時 : 2007/11/24 02:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年の11月24日は「遥かに仰ぎ、麗しの」の発売日でした。

ちなみに冬コミ原稿の締め切りも今日でした。
計ったかのような期日設定ですねw

はい、なんとか間に合いました。やったよ俺!
……というわけで、原稿上げたばっかりで少々ハイになってる紅茶奴隷です。

で、脱稿記念……というわけでもないのですが、それにかこつけてチラ裏企画。
今まで書いたかにしのSSについてざっと振り返ってみようか、というお話です。
書いてた当時を思い起こすと結構感慨深いものが……あるかな?かな?

「結城ちとせの部屋」
元ネタは前に書いた通り「笑う大天使」の「オペラ座の怪人」。部屋の中の描写は新井素子女史のエッセイあたりからの想像ですね。今読むと当時気づかなかった誤字脱字があったり所々日本語が変だったりで涙目。気づいたときにすぐ修正できればいいんですけどね……
ちとせは見た目普通の娘だけど本校から来た理由は何かなあ、とか考えてるうちにああいう造形になりました。一応、お話の後はルドルフ氏込みで爛れた日常に突入する筈なのですが書くことは多分無いでしょう。

「受け継がれるもの」
元ネタはとくになし。邑那スキーな私全開な作品なので読み返すと気恥ずかしくもありますが出来は気に入っています。鏡花も自分の中ではわりと上手く描写できたほうかな。
ちなみにこの作品と「通販さん〜」は私の脳内では同一の時系列にあるお話でして、冬コミの作品もその延長線上に位置しています。

「ちよりん日記」
ちとせSSよりこれを先に書いたんだったかな?最初「長い」と言われた記憶がありますw
たしかに通常のコピペより長めになってますね。
元ネタは2chでどなたかが書いていたしのしの日記……だったと思う。
参考→「遥かに仰ぎ、麗しの:ネタバレネタ - grevグループ」
ちよりんは話を動かすのにとても都合がいい立ち位置なので、これ以降もけっこう活躍(?)してもらっていますね。すみすみは既にネタキャラ。

「かなっぺ日記」
ひたすら二回言わせることと発酵食品にこだわってみました。元ネタは「もやしもん」だったり「永劫の探究」(いや、「遺跡破壊者」か)だったりいろいろ。すみすみは常にネタキャラ。

「李燕玲の休日」
とりあえず何杯コーヒー飲ませられるかなあ、と思いつつ書いてみました。
仕事人間がいきなり休日もらってもやることないよね、というお話。
神様がどこかに隠れています。探(ry

「すみすみの大学新婚生活」
すみすみエピ以降の爛れた生活を想像しつつネタにしてみました、というだけの作品。
大学というのは作品中では銘記されてないけど、まあ大方こんな感じじゃないかなあと。
すみすみ視点だと下ネタも生々しさが薄れていいね!(何が?)

「みさきちかなっぺの卒業旅行」
スレ埋め目的だったので適度な尺で小ネタ書けないかなあ、と悩んだ末旅行記に。日記より行数が稼げたので結果オーライ。アオザイは正義。みさきちとかなっぺの掛け合いはいつ書いても楽しいです。

「通販さんと春の午後」
通販さん支援計画。これも結構気に入っています。私の尊敬する方に好きだといってもらえたのが嬉しかったですね。通販さんはて○○う家の人だとかいう説もありましたが、私の脳内ではゆ○はとかエヴァ○ジェ○ンみたいな神様もしくはノスフェラトゥ系の人です。もしくは「戯言」シリーズの円朽葉みたいな感じ。公式では陽道の関係者らしいですが……
新人教師はエピの人と思ってもらっておkです。やや意識的に司と暁を混ぜたような感じにしていますがまあ普通の人。でも今読み返すとちょっとジゴロっぽいかも……

「工藤係長の憂鬱」
メイドさん支援計画あんど大先生復活計画。
「お・り・が・み」にハマっていた頃書いたので影響バリバリ。二人のメイドは所謂ゲストお世話係の人たちですね。メイドA=東、メイドB=別所という極めて安直なネーミングです。勿論性格はクラリカさんとマリエットさんからお借りしました。でも肝心の工藤さんはだれだろう。
実は工藤さんはVFBのラフを見て一番印象が変わった人でした。正直あんなに可愛いとは(ry
この後は当然ながらメイド部隊と坂水先生の壮絶なバトルが繰り広げられるのですが、書くことは99%無いでしょう。

「Moon Flower」
リーダさんが攻略できないというやるせなさをリビドー全開でぶつけてみたらこんなんなりました、という作品。真正面からエロ書いたのは初めてだったので思考(嗜好?)錯誤の連続でしたが、おかげさまでそれなりにご好評を頂いたようです。感謝。
司が完全に性欲魔人化してますが、恐らくこの時期夏めろにハマっていた影響かと(お

「Fly Me」
この作品もおかげさまでご好評を頂きました(……殿ちん人気もあるかな?)
カズハ様にコメント頂いたのが嬉しかったです。
「月が泣いてる」はとても良い曲なので、聴いたこと無い方にはぜひオススメしたいですね。
卒業シーズンということでテーマはずばり卒業と失恋。
エロゲーで失恋シーンってしっかり書かれることは少ないですけど、個人的には恋愛が成就したシーン以上に大切なシーンではないかと思います。ヒロインルートに入ったとたん空気と化すライバルはちょっと寂しい。WAの理奈と由綺みたいに最後までバトれ……ってそれはそれで怖いか。

「Cherry Girls」
VFBで分校組ラフが公開されるということで、分校サブ中心に書いてみたというお話。
香奈を選んだのはほなにーネタを使いたかったからというそれだけの理由です、はい。
まあ、みさきちルートですみすみと絡んでたので、それが丁度良かったというのもありますが。
この辺で岡本は神とくっつけてしまおうとしてますね。私の中では弥生とのばら、高藤陀とちよりんはセット扱いなのでこれで3セット目ということになります。
香奈を含め、分校サブはみんなキャラが立ってるので書いてて楽しかったですね。

「るりるり日記」
るりるりは最初にしこりみたいな人を想像していたのですが、VFBのラフを見てから「化物語」の神原駿河に脳内イメージを変換しました。で、それを元に書いてみたのがこれ。元々の叩き台は夏コミ原稿のやり取りをしていたときに冗談で書いた改変コピペだったのですが、夏コミ本番前になんか小ネタが欲しくなったのでリライトして使うことにしました。少佐の演説はもう少し練りようがあったかなあとも思いますが、あまり真面目なネタでもないのでまあいいかな、と。

「やりすぎ。それはやりすぎです。」
「霊異なる途、君見ずや」掲載作品。
イラストを描いて頂く、というのが初めての経験だったこともあり、絵が浮かんでくるような文章、というものを意識して書こうとしてみましたがどうでしょうか。素晴らしいイラストを頂いた中西様には本当に感謝しています。中身としてはしのしのメインなんですけど、今になって思い起こすとむしろ冷静な殿子の描写が一番楽しかったような気もします。読み返すと赤面ものの文章も結構ありますが……あうあう。
山崎まさよしの「オモイスゴシ」は個人的にもお気に入りの一曲。これも歌詞が気になった方はぜひ一度聴いてみて欲しい曲です。
ちなみに、私の脳内では一応「Fly Me」とリンクしています。


とりあえず、今日はこんなところで。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑記「発売一周年」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる