HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS えろげー雑記(31)「ちいさなしあわせのおはなし」

<<   作成日時 : 2008/04/01 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Princess Frontier
画像

まったりとコンプリート。
前回の報告通り、アルエ→ミント→ロコナ→レキとクリア。
情報によると誰ともくっつかないバッドエンドもあるようですが、そちらはまだ見ていません。
まだやってる人も多いと思うのでネタバレは控えめに。

>アルエ
七原ことみ声で男になりたいお姫さま、と聞くとどうしてもPULLTOP的なものを期待してしまうのですが、結果的にはあながち求めて間違いでもなかったのかな、と。
アルエは神様というよりはやっぱりクリス的な性格付けですが、個別に入ってからは普通の恋する乙女でしたね。ただ、魅力と言う点で見るとアルエは自分のルートよりむしろ他のヒロインのルートでより光る印象もあり。
いっそアルエが本当に男になるルートがあってもよか(ry

>ミント
最初はほとんどノーチェック。ロリ担当?ぐらいの印象だったのですが、お話としては一番起伏にも富んで面白かったかもしれません。他のキャラもそうですが、一度見たイベントでも飛ばさず読み返したくなる温かさで満載。SD絵の可愛さもそれに拍車をかけていますね。

>ロコナ
個人的に最萌え。とにかくいじらしくて真っ直ぐでいい子。ここまで直球なキャラなのに嫌味とか媚が感じられないのがファンタジー世界のいいところ、かも。
ただ、最後は微妙に問題が残ってる気がしなくもない。

>レキ
素晴らしいゆかり教材。付き合うまでの照れが可愛すぎます。逆に付き合ってからの展開はやや脇が甘すぎじゃね?という気がしなくもないですが、絵とテキストの可愛さで全て許せてしまう、そんな感じ。

>他のキャラ
ひとくくりにするのが惜しいくらい良いサブキャラぞろい。
アロンゾ、ホメロも勿論ですが、個人的にジンの造形は素晴らしいと思いました。トリックスター万歳。ちゃーさんお得意(?)のお婆ちゃんキャラ・ヨーヨードもみつ枝さんを彷彿とさせる良キャラでしたね。

>総括
どのルートも多少なりと未解決の問題を残してはいるのですが、お話そのものには影響の無いレベルなので、不完全燃焼と思うことはさほど無いかと。
個人的には、まず共通ルートの暖かくまったりした雰囲気が素晴らしいゲームでした。
可愛いSD絵などもフルに活用して、小ネタをきかせたイベントをちょこちょこと連ねていくスタイル故、忙しい人でも時間を見つけて進められますし、クリア後は既読イベントそのものをスキップ出来る機能もあるのでさくさく進められるのも好感触。前述のように、後で読み返したくなるようなイベントも沢山あるのですが、最初から初めても簡単にそこまでたどり着けるのは素晴らしいですね。

みつ枝さんの名前が出ましたが、個人的にはファンタジー世界を舞台にした「ゆのはな」みたいな田舎ゲー、という印象でした。まあ、声優さんも微妙にかぶってたりするので余計にそう思うのかもしれませんが、ああいった「優しい」お話が好きな人にはおすすめです。
その一方で、功成り名を遂げて立身出世してめでたしめでたし、的なものを求めるとどうかな?という部分はありますが、恐らくそれはこのゲームのカラーでは無い、ということなのでしょう。
そんな感じで、とりあえず。

「PrincessFrontier」応援中!
Princess Frontier

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
PF、確かに雰囲気がいいですね。
ストーリ的に盛り上がるポイントは少ないですが、
日常シーンやイベントが楽しいので満足できました。
男連中、いい味出しすぎです。
リュウネが普通に可愛いのは伝統でしょうか(笑
カズハ
2008/04/03 01:40
どもです。まったり感も元ネタ(?)の辺境警備やグラン・ローヴァとかの辺に似てますね。リュウネは確かに攻略したいです(マテ
AXLの作品はこれが初めてだったのですが、他のにも興味が出てきました。でもまず先に「鉄球姫エミリー」読まないとw
紅茶奴隷
2008/04/03 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
えろげー雑記(31)「ちいさなしあわせのおはなし」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる