HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS えろげー雑記(35)「We'll mend our wings」

<<   作成日時 : 2008/05/28 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Garden 初回限定版Garden

相変わらず低空飛行ですが、とりあえず紅茶は生きております。

さて、パッチ当ててまなちゃんこと愛先生ルートをようようクリアしたわけですが。
一言、素晴らしい。
声無しだからといって寝かせておくには勿体無い出来ですよ、と。
応援してきたファンにとっては、今後に向けて希望の繋がる結果であったのではないかと思います。
長台詞が多いだけにこれに声をあてるのはなかなか大変だろうとは思うのですが、そちらは改めて楽しみに待ちたいところです。勿論瑠璃ルートもね。

中身についてはSu-37氏をはじめ色んな方がすでに語っているので、私から改めて付け加えることはさほど無いのですが――エンドについては所謂「治癒のその先」について、まさにトノイケダイスケならではのテキストで語り切った――そんなお話であったのかな、と思います。
絵里香や桜子、小夜、あるいはあざみ、撫子。どのヒロインのルートでも少しづつ異なる癒しと乗り越えの過程ですが、愛先生ルートはその「癒しの過程」がこれまで以上に丁寧に描かれている、という印象を受けます。
あるいは「水月」の雪さんルートと接近する描き方。しかしながら、日常を侵す幸福な幻想に拠らず、そこに在る日常による治癒と再出発を選んだというその点では、そこから半歩ほど踏み出した内容である、といえるのかもしれません。
(私自身は雪さんルートの選択も非常に好きですが)

ともあれ、このテキストの独特な魅力の前には長い説明は無用かと。
今後への期待も含め、以前歌詞を貼ったティム・クリステンセンの曲をもって、ささやかなお祝いとさせて頂きます。
ではでは。
前回記事(http://atslave.at.webry.info/200802/article_16.html
日本語訳の一部はこちらで。(http://atslave.at.webry.info/200802/article_5.html





Garden 初回限定版

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えろげー雑記(35)「We'll mend our wings」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる