HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS えろげー雑記(47)「クロスボウかと思ったらバリスタだった」

<<   作成日時 : 2008/12/15 02:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

……何を言っているのかわからねーと(AA略

画像

一部スキップなどもしてしまいましたがコンプリート。
初佳→穹→奈緒→一葉→瑛の順にクリア。
初回から妹に行く予定で駄目イドさんルートに入ったのはひみつだ。
好きなヒロインは穹と初佳でしょうか。
以下、個別の感想。

>初佳
かなりダメなお姉さん。酔っぱらって悠を襲うところは良かった(ぉ
シナリオは特に驚くような展開は有りませんでしたが、素直に楽しめました。
ちょっと昔のエロゲーっぽい雰囲気もあり。

>穹
表題はこの子のことですね。良くも悪くも破壊力抜群。
ルートの濃密さ、ダークさから考えるとやはりこの妹がメインヒロインでしょうか。
絵、声を含めた依存系ヒロインとしての魅力は素晴らしい。
ただ、話自体の出来はともかくとして、やってて違和感も少々。
他のルートでもそうなのですが、えちぃでみんないきなり卑語連発ないんらん(ryになる所とか、テキストとキャラの雰囲気の統一性とか、そう言った部分がやや雑に思えます。
個々のパーツは良いのに組み合わせ方が大味な印象。
穹ルートはその中でも比較的イメージが統一されているとは思いますが。
なので、それぞれのイベントは楽しめたものの、シナリオを通して見てみると微妙に感情移入しづらい部分がありました。
私が好きな作品の多くはそういった世界観の徹底や雰囲気の醸成が上手くなされているものだったのだな、と改めて思った次第。
あと、二回目のえちぃは使い回しでなく新規CGが欲しかった……><
エピローグは絵的には綺麗でしたが、オチとしては放り投げ気味。

>奈緒
穹と対になるルート。穹が好きなプレイヤーが多そうなのでその分人気的には割りを食っている感じ。
ぶっちゃけめんどくさい人ですよね……亮平に厳しすぎるとことか、優しいお姉さんの筈なのにキャラ付けが今一分裂気味な印象もありました。まあ、色々抱えてるせいもあるのでしょうが。

>一葉
……ごめんなさい、あまり印象にありません。お嬢不憫。
悠と付き合うことに必然性があまり感じられなかったというかなんというか。
瑛との関係は良かったけど、特に盛り上がるポイントもなくイベントを淡々と消化していたような。
三回目の和服えちぃは良かった。

>瑛
お嬢と対になるルート。
無邪気だけど同時に大人、という彼女のキャラクターは良かったと思いますが、ここでも穹と同じくえちぃと日常、日常からイベント、という部分での雰囲気の醸成がやや甘い印象。
今回、どのお話も奇をてらったものではないだけに、日常のテキストの掛け合いなどでキャラクターとしての生っぽさを積み上げていく必要があったと思うのですが、その辺が全体的に物足りないかな、と感じてしまいました。

総括
絵は差分が少ないとかCG欲しいイベントにCGが無い、などの不満はありますが、美麗さには定評の有る絵師さんだけあって文句無いレベル。
ただし、えちぃのシチュ(特に二回目)がどのヒロインも似たような流れで、綺麗なんですが後半はやや食傷気味になったり。構図の話とかには詳しくないのですが、冒険した絵というかそういったものは少なめかなと思いました。
お話は良くも悪くも普通。にぎやかしである亮平があまり面白くないのはマイナスポイント。
しかし、やひろと初佳が出てくると途端に話が生き生きとする印象もあり、ライターさんはああいうヒロイン書くほうが好きなのかなー、とか思ったりもしました。
シナリオゲーとしては穹のキャラクターが受け入れられれば……という感じ。
妹なんぞどうでもいい、という人は絵ゲーだと割り切ったほうがいいかも。

……なんか結構酷いこと言ってる気がしますが、けして嫌いではないです。良作だと思います。
ただ、良作と名作の差というのは、実はお話自体の面白さより、細かい部分の処理の上手さに現れてくるのではないかなー、とか……そんなことを考えさせられたゲームでした。
この大雑把な感じがF&C臭なの……かな……?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えろげー雑記(47)「クロスボウかと思ったらバリスタだった」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる