HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS えろげー雑記(52)「最果てまで何マイル?」

<<   作成日時 : 2009/01/31 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりあえずのコンプリート。


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 断片的な情報しか仕入れていなかったので、前半部分に関してはやや戸惑うことも多かったのですが、後半及びエピローグに至ってだいぶ腑に落ちました。とは言えまだ疑問点は多く。
 例えばこのへんとか。
 個別解説:最果てのイマ:http://www1.odn.ne.jp/yukyu_wod/analysis/ima-review.html
 あるいはこのへんとか。
 最果てのイマ考察:http://www6.ocn.ne.jp/~rejina/ima/
 などで時系列についてはだいぶ理解できましたが、それでもいくつか矛盾は残るんですよね。
 他にも良い考察があれば読んでみたいところです。
 尚、テーマ性についてはこっちなどで考察されたりもしてますが、正直僕としてはそちらにはさほど興味はなく。
『最果てのイマ』試論(1) - 仮想算術の世界:
http://blog.goo.ne.jp/f-ryota/e/dd7b948890ae91bd15e4a59e69247dbb
 僕にとっての田中ロミオは、まず第一に素晴らしく好みの物語とテキストを提供してくれるエンターテイナーなので、思想性を深読みすることについてはあまり意味を見いだせないのです。あくまで僕にとって、ですが。
 まあ、そう言いつつも元ネタに思い当たってによによするのは楽しいですし、深いところまで思考を進めて自己の迷宮に迷い込むのもそれはそれで愉しい投射行為だと思いますが、ね。

↓↓で、ここから若干のネタバレ含む呟き。↓↓
 まずは個々のヒロインについて。

>あずさ
 お赤飯ネタやデートまわりのリアクションが面白すぎます。嬉し漏れ噴いた。良い妹分ですね。
 母親周りの話はもうちょっと掘り下げるのかと思ったけど、具体的に最終的な行動に出た描写は確か無かったような。 

>沙也加
 一応、正ヒロイン――ということになるのかな?
 沙也加はまず立ち絵の美しさが光りますね。一枚絵より出来がいいくらい(ぉ
 しかし彼女に関してはとにかく二巡目のアレでもう……僕はもう!(以下検閲により削除)

>笛子
 一番ひっかけの多いヒロイン、かなあ。だいぶ後半になって仕掛けに気づきました。
 初期シチュが割と似ている、と言われるるい智で言えば伊代ポジション――と考えると、両者の違いは非常に面白いですね。
 しかしロミオはどんだけ某ガンが好きなのかと(ry

>葉子
 るい智における茜子さんポジションですね。ちぃおぼえた。
 空の器あるいは鏡、というキャラクターは何処か別のゲームだったか物語で印象的なヒロインがいたような気がするのですがちょっと思い出せませんでした。葉子さんはとにかく共通ルートでのフリーダムさが素敵ですね。
 個別ルートではどうしても斎の存在が大きいので、恋愛成分に関してはやや控え目な印象も。
 しかしあのキャラでメイドコスは反則だと思います。

>サブヒロイン
 それぞれのポジションにおいていい仕事ぶりでしたね。
 千鳥とかジーンとかシャーリーとかシャーリーとか。
 大事なことなので二回言いました。
 しかし一番萌えるのは実はレイたんではないかと思わなくもない。

>その他色々
 一旦コンプしてしまえば、僕たちは「そこにある」物語を理解することに支障はさほどない――そう思えます。
 しかし一方で、額面通りに読むとどうしても矛盾がいくつか生じる箇所があるのもまた事実。
 各所の考察でも一定の予測・解釈は構築されていますが、それが全ての人を納得させることは恐らく出来ないでしょう。某重要キャラの本当の死因など含めて、解釈を確定させるための情報はどうしても不足しているからです。
 
 とは言え、例えばあくまで某管理人たんが○○した結果がそこにある、と考えると、全ての記憶、事象が見かけ通りに起きたことなのか、どうか。不足あるいは欠落は果して意識的なものなのか、どうか。
 この点については、少なくとも一部は最後まで留保せざるを得ないのかな、と思います。
 
 エピローグのログにその時点で忍が知り得ないはずの情報が記載されていることも含め、管理人たんも実はどっかで再構成されてるんじゃないのとか北国娘のネタ元あるいは正体って何だよとか、色々妄想してみたくもなりますね。(管理権限を千鳥もしくは他の誰かが持っているか、単純に忍が後で情報を仕入れた可能性もありますが)
 
 まあ、そうした想像の余地がある部分も含めて非常に面白かったのですが――しかし、これだけは言っておかねばなりますまい。
 何故エピローグにシャーリーが居ない
 ……と唯一の不満を哀しみとともに叫んで、ここは一旦終わることとしましょう。

 後で追加するかもしれませんが、とりあえずはこんなところで。

 ――裏庭の○○とフランシスのお墓に、誰かお花をあげてやってください(´・ω・`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えろげー雑記(52)「最果てまで何マイル?」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる