HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS えろげー雑記(61)「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ」

<<   作成日時 : 2009/09/16 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルは言わずと知れたオザケンの名曲から。

 オザケンと言えばTOKYO No.1 SOUL SET×HALCARIVerの「今夜はブギー・バック」はぶっちゃけがっかりでした。
 原曲のひたすら軽くてふわふわした歌に隠れていたどうしようもない空虚さ、寂しさをまったくスポイルしてしまっているではないかー、とかつい思ってしまうのですよ。
 しかもTOKYO No.1 SOUL SETはそもそも同期みたいなもんだろと。
 先達をカヴァーするならいざ知らず、同世代の曲をいじくって喜んでるんじゃねえよと言いたいですね。
 でもハルカリの声は好きですよ。
 はいはい労咳労咳――と、ここまで挨拶。

 さておき、今回は音楽ではなく愛について(?)のお話です。

&LOVE
画像

>ミル
 名実ともにメインルート。
 ミルが学習していく様がかなりのウエイトを占める中身ですが、テキストはかなりの破壊力を持っています。
 エロくて同時に笑えるというのはなかなか貴重。
 無生物orロボットorアンドロイドとの恋愛、と言うことで、踏み込もうとすればいくらでもキツイ部分に踏み込めるテーマかと思いますが、シリアスな部分とネタで落とす部分のバランスも良かったと思います。
 その気になればもっとガチな異種間恋愛ものに持って行けたのかもしれませんが、メテオから引き継いだブランドカラーを考えるとこれくらいのバランスで正解だったのでは。
 個人的にはポート解放のくだりとか爆笑ものでした。

>真雪
 魔☆さんと似たポジションの方ですが、もうちょっと積極的ですね。あと意外と嫉妬深いです。
 可愛いんですが、シナリオに追い立てられてる感が強くてあまりいちゃいちゃしてた印象がないですね。

>茅波耶
 自爆型の年上ねーちん。声もハマってましたね。
 しかし運動着姿でのえちぃが無かったのはちと残念。
 ラストの無重力○○は噴いた。

>瑠々
 妹系ロリ。人によってはちとロリすぎる……かも?
 ミルルートでのプールイベントが一番インパクトがあった気もしますが、良い妹分でした。
 個別は親父が出てきた段階で、もっと暗いオチが待っているのかと思いましたがそうでなかったのでほっとしたような物足りなかったような。
 えちぃでは亮くんかなり変態。

>その他
 真雪とミルで顕著ですが、どのシナリオでも時限爆弾があることを予測させつつ進んでいくため、せっかくのいちゃラブもプレイヤーは不安にびくびくしながら楽しむ、という感覚が拭えません。
 それがスリルとか諸行無常を感じさせていい、という場合もあるでしょうが、本作はどうでしょうか。
 ミルルートについては成功したと言ってもいい気はしますが。

 後、Meteorでは「ちょこば」までの恒例だったハーレムは今回ありませんでした。
 主人公のモテぶりを顧みるにあってもおかしくない状況ではありましたが、それは次作以降に期待、というところでしょうか。その辺も含め、再出発においては「Clover Point」を叩きにしたのかなあという部分は感じました。
 ともあれ、コメットの今後ますますのご発展を期待しております。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えろげー雑記(61)「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる