HOTEL OF HILBERT

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記「影響だったり元ネタだったり」

<<   作成日時 : 2007/03/17 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

SSを書いてたときに主に影響されたものとかネタにしたものとかあげてみましょうか。
どのへんにネタが使われてるか判った方はふっ、と薄笑いしていただければそれはそれで。

>漫画
笑う大天使(ミカエル) (第2巻) :川原泉
名作。「オペラ座の怪人」に出てくるルドルフ・シュミット氏が「結城ちとせの部屋」に客演されております。性格は主人に応じてだいぶ違ってますけども。

百合星人ナオコサン (1) : kashmir
いろんな意味で危険な作品(笑)ですね。同じ作者さんの「○本の住人」もそうですが名言(迷言)が目白押しです。ツボにはまると駄目人間まっしぐらなこと間違いなし。

>小説
お・り・が・み 光の徒 :林トモアキ
リンクは一頁につき一つしか効かないんですかね、このブログは?まあいいか。
クラリカさんとマリエットさん、二人のシスターの人物造形が大好きです。いや脇役ですけどね。……染み付いたマイナー好きの性でしょうか。
この六巻はクラリカが大活躍してるので私は一番好きな巻だったり。ちなみに表紙の人です。彼女等はとある二人のモデルになっていただきました。

モノケロスの魔杖は穿つ 2 (2) :伊都公平
……SSではネタ使ってませんね。いや単に最近はまってただけですが。
風祭の姓を持つ忍者君とか城を装備して(間違ってませんよ?)大剣を振り回す剣道娘とか「うるさい馬鹿」とかツンデレ口調な爺さんとかを筆頭にキャラクターがみんな変です。いやむしろみんな間違ってると言うべきでしょうか。作者さんもかにしのをやってたのではと思わず妄想してしまうような作品ですが当然ストーリーは一切関係ありません。ちなみにミニAA集Aの一番下が剣道娘のAAですね。2chの工作スレで私自身がツッコミを頂いたときの貴重な品です。AAの作者さんにはこの場を借りてお礼を申し上げます。
ちなみに突っ込まれたネタはこれ。
>某ラノベより改変をやってみたのだが。

>リーダ「では今後、校則で重婚は禁止するよう、理事会に嘆願いたしましょう!」
>みやび「知らないようだから教えてあげよう。校則は理事長には効かない!この学園では、理事長はノーカンなんだ!」
>リーダ「ノーカンでございますかぁぁ!」

>リーダ「羨ましい――妬ましい――。メイドもノーカンになりませぬか?」
>みやび「うん、ならないんじゃないかな!――メイドだと割りカンぐらい?」
>リーダ「割りカン!とは!!」

>普通にあらすじになっているという事実
……こんなリーダさん見てみたい……こともないでもないです。

斬魔大聖デモンベイン―ド・マリニーの時計 :古橋秀之
ダーレスの「永劫の探究」に馴染んでた身にとって本作は爆笑の嵐でした。
かなっぺと暁ちんがどんな冒険をしてきたのか私も知りたいぐらいです(コラ)
発酵食品大好きのかなっぺは「妖神グルメ」に出演する資格があるかも(コラコラ……)

オイレンシュピーゲル 1 (1)スプライトシュピーゲル 1 (1) :冲方丁
「マルドゥック」シリーズに比べるとそのライトさに驚きますが毒はあちこちにしっかり仕込まれてます。その意味では読み手を選ぶ作品ですね。とりあえず主人公たちの決め台詞は癖になります。みさきちに少し影響が出てるかなあ。

天帝のはしたなき果実 :古野まほろ
地雷扱いされてますが私はわりと好きですね。通販さんのSS書いてたとき結構影響されてたかも。あとネタになったのは永劫の命ということで吸血鬼系を扱った作品あたりでしょうか。もちろん中の人つながりでゆのはなも頭にはありました。通販さんはホントに土地神設定じゃないかなあとか一時期妄想。

後、西尾維新さんの作品には全てにおいて色々影響されてるような気がします。通販さんや邑那鏡花のSSあたりで顕著ですかね。ちょうど書いてる頃は特にはまってましたので。私は「化物語」と「サイコロジカル」「ヒトクイマジカル」「零崎双識の人間試験」あたりが好きです。

>ノンフィクション・その他
フェルマーの最終定理 :サイモン・シン
他にもいくつか読みましたが門外漢にはこれが一番読みやすかったですね。作者が後に出した「暗号解読」「ビッグバン宇宙論」も良いです。「クレタ人の嘘つきのパラドックス」と「ヒルベルトのホテル」はさわりをほぼまんま使ってます。

つじベスト :つじあやの
私はこれで「月が泣いてる」を知りました。このベスト盤だとこの曲の後に来るのは「黄金の月」(スガシカオのカヴァー)なんですよね。歌詞読みながら聴いてると、この流れは結構きます。つじあやのさんの声質はどことなく殿子の中の人にも似てるかな、とか勝手に思ってたり。

……思い出せるのはとりあえずこのくらいでしょうか。無意識に使ってるネタも沢山ありそうです。同好の士がいらっしゃったら幸いというところですね。

今日はこんなところで。

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「黄金の月」スガシカオについて2
スガシカオ初期の代表作「黄金の月」。シングルが先に発売されたようですが、ファーストアルバム「クローバー」のラストを締めくくる曲でもあります。通称「ハチクロ」というアニメの成立にも深くかかわっている「クローバー」は、名作ですね。スガシカオや... ...続きを見る
スガシカオmemo(スガシカオは本名か〜...
2007/04/03 23:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑記「影響だったり元ネタだったり」 HOTEL OF HILBERT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる