雑記「センチメンタリストは僕か君か」

新興宗教オモイデ教外伝 1 (1) 原田宇陀児


大槻ケンヂ氏の原作より「ライトなノベル」を期待して読んだ人は完璧に裏切られることでしょう。むしろよりディープにウエットに、よりナルシスティックに表現された世界がここにあります。原田氏の過剰なまでにセンチメンタルな文体はより先鋭化した印象を受けますね。
「本統」に拘るのはちょっと勘弁願いたいところですが……
「断章のグリム」とか「魔女式アポカリプス」のような鬱系のラノベが好きな人ならあるいはすんなり入れるかもしれません。
文章がわざと?と思うほど入り組んでいるので、読みやすさを重視する方はちと途中が辛いかも。時間が経ってから読み返したら印象が変わるかもしれませんが、正直な所とっつき易い作風とは言えませんでした。
でも原田氏にはこれからも期待。完全オリジナルが読みたいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック