雑記「たまには地元周辺のお話でも」

先日からこんなものが始まっているそうです。

http://sapporoshortfest.jp/
個人的にはアニメーション関連の多い「チルドレン・ショート」とポーランド映画特集あたりが気になっているのですが、スケジュールを見る限り時間が合いそうにないですね……
とりあえずI-Aだけはなんとか見ることができました。
正直なところ意外とベタな作品が多かったなーという印象。
テーマが「まぶしい笑顔」だったそうなのである意味当然なのですが。
まあその分、見た後は爽やかな気分になれましたけどね。
見た中では「魔法の箱」「アストロノーツ」「シャルクへ」辺りが好感が持てました。
「シャルクへ」の子供たちはどいつもこいつも良い顔をしていましたね。
でも「シャルクへ」に関してはクレジット見る限りでは製作に金も国威もかかってそうなので、ショートフィルムとはいえ手作り感覚は希薄だったような気も。
まあオイルマネー溢れる親米国家ですし、そこを期待してはいかんのでしょうな。
いずれにせよ、お近くの方にとっては連休中の娯楽としてなかなか面白いイベントなのではないでしょうか。

>お買い物
今日の早川さん COCO
http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/
あーわかるわかる、と思いながら楽しく読みました。
「ああ、こんなもん買ってるのはきっと俺だけ……でも人にも教えたい!」
的な優越感と背中合わせのマゾヒズム。まあ、オタクなら誰にもこんな時期はありますな。
でも正直、作者の方が一番上から目線なような。
恐らくわかっててやってるんでしょうけどね。
底の浅いSF・ラノベオタとしては「まあこんだけ読んでる人にいわれちゃしょうがないね」
的な自虐に駆られたりしたりしなかったり。
ともあれ、漫画の中で生き生きと語る早川さんたち以上に、キャプションの冷静な作者の語りが効いている本だなーと感じました。
なんだかんだいいつつブログは既にお気に入り登録済みです^^;


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック