雑記「プライベート・キングダム」

不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20) 西尾維新
読了。

きみぼくと様々な部分で対になった作品でした。
あちらがハッピーエンドなのにとても後味の悪い作品だったとすれば、
こちらはバッドエンドなのに何故か後味すっきりな作品と言えましょうか。
萌えキャラ殺しの西尾は本作でも健在。お姉ちゃんは巫女子の再来か。
とは言え、途中のかけ合いは「化物語」などを思わせる部分もあり、楽しく読める作品ではありました。
しかし迷路さんと主人公の会話はさすがに反則に近いと思う。面白かったけど。
あの設定を逆用したお話が別に書けそうな気もしました。
迷路さんの考えてることが本当はまるで違っていたとしたら、とかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック