雑記「Come on ghost Come on beast」

ブラック・ラグーン 7 (7) (サンデーGXコミックス)広江礼威

今回は話がじりじりとしか進まない巻でした。作者曰く、次巻は弾丸飛びまくるらしいので期待しておきましょうか。
「翡翠境綺譚」からのファンとしては現在のブレイクは嬉しい限りですが、「ディエス・イレ」の体験版あたりをやってるといつか「翡翠境~」ネタでの新作も読めたらいいなあ、などとつい夢想してしまいます。(「PHANTOM BULLET」でも勿論おk)
と言うか正田氏も絶対激しく影響受けてると思うんだけどどうでしょうか。ザミエルなんて正直ほぼバラライカ姐御だったりグリマルキンじゃないか、と思う私のような人間はそんなに少数でもないと思う。
といっても、私は半端なオリジナリティなど犬にでも食わせとけと思ってる人間なので、これをもって「ディエス~」を糾弾したり、ましてやパクリだなどと言う気は微塵もありませんが。
「ディエス・イレ」はむしろ不幸な終わりを迎えた過去の作品に対するオマージュ、あるいは賛歌となりうる作品ではないかと思います。
個人的に設定がど真ん中ストライクなだけに、私は「ディエス・イレ」にはある意味過剰なほどの期待を寄せていると言ってもいいのですが、その根っこにはかつて「翡翠境~」のような作品に感じた高揚感をもう一度味わいたいという思いがあるのかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック