雑記「けしからん実にけしからん」

C3-シーキューブ 2 (2) (電撃文庫 み 7-8) 水瀬葉月
そんな挿絵ばっかりですええ本当にあり(ry

引き続き「銀水瀬」な本作ですが、鬱展開は前作よりも控えめです。
なので安心してガクブルしつつ読み進めて頂ければよいかと。
つーか、誰も××ないのって久しぶりじゃなかろうかと(……)
とりあえず照れる度に主人公に「呪うぞ!」と言い放つフィアが可愛すぎてけしからんのですが、他の女性キャラも新キャラ含め斜め上にアレな魅力を備えた方ばかりなのでファンの好みも分かれそうではあります。

とある魔術の禁書目録 15 (15) (電撃文庫 か 12-16) 鎌池和馬
今回は全巻通じて一方さんたちのお話。
上条さんは全く出てきませんがその代わり新キャラ大盤振る舞い。
……最もほとんどこの巻の中で消えますけどね(ボソリ)まあ何人かは再登場もありそうですが。
消えそうな方は登場時点での萌え描写も微妙に控えめだったりして読み返すと泣ける。
レベル5同士の戦いに燃えると同時に、以前のお話でものすごい脇役だったとある青年の踏ん張りにちょっとだけ爽やかな気持ちになれる、そんなお話だったかと。

ブギーポップ・クエスチョン沈黙ピラミッド (電撃文庫 か 7-21) 上遠野浩平
こちらはまだ未読。そろそろ風呂敷を畳みにかかっても良さそうな気もするんですが、実際の所はどうなんでしょうね。

>近況
少々落ち気味ですがまあうだうだと日々を送っております。
ディエスをちょこちょこ進めつついつのまにかピリオドに突入。
つづみとぴこぴこ天使をとりあえず終わらせてきました。
いきなり濃いめな二人だったようで今後が心配です。
羽は立ち絵の切り替えでなくエフェクトでぴこぴこやって欲しかったというのが率直な願望。
朝姫は最後に回したほうがよさげなので次はたぶんいいんちょか鈴。デコさんと琴先生はその後かと。葵をどこに挟むかで悩みそうですね(酷い?)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック