雑記「色々なものからの遁走曲」

結界師のフーガ〈3〉見えない棘の家族 (電撃文庫) 水瀬葉月

全(?)三巻読了。良い話を読んだ後は気分もいいですね。
C3が好きな人なら恐らく気に入るかと。魔女カリの救いの無さが好きな人にはいささかヌルいかもしれませんが、後の作品で顔を出すネタも結構ちりばめられてるのでそれを見つけるのも面白いかも。
三巻で話は一区切りになってるので尻切れ感もなく楽しめます。続編出そうと思えば簡単に出せそうですけど、それは魔女カリが先か。

>その他
ふぇあちゃは恋鳥→とばり→こころまで終了。
普通にスタートすれば第二部に行けたのね。
この方式やシステムには正直言いたいことが結構ありますがそれは後日。
今の所とばり>こころ>恋鳥ですが、ぶっちゃけ愛音がいれば僕はもう満(ry
毎日パパにぃと呼ばれたいです……

この記事へのコメント

紅茶奴隷
2008年03月04日 02:09
3月3日付の同一人による二件のコメントにつきまして、一方的な宣伝行為と見なし削除させていただきました。誠に恐れ入りますがご了承願います。

この記事へのトラックバック