雑記「ひよこのササミとテバサキは とってもなかよし」

人類は衰退しました 3 田中ロミオ

タイトルのつづきがしりたいひとはかいにいくとよいです?

そんなわけで3巻。えらく売れているようで嬉しい限りですが、今回、1、2巻とは若干趣きの異なった味付けとなっていますね。
妖精さんの出番も控えめ。若干真面目なお話が多いので、ほのぼのだけを期待すると裏切られるかもしれません。その代わりと言っては何ですが、SF成分の好きな方には堪えられないネタ満載で仕上がっています。
まあ、とは言っても助手さんの絵本ネタや新キャラたちの性格付け等、随所に息抜きできるパートは設けられているので、今までと同様気構えずに読みたいものです。

個人的には読み終えた後、「ビームしておくれ、ふるさとへ」というティプトリーの短編のタイトルが頭に浮かびました。
内容と特に関係があるとかそういうわけじゃないんですけど、なんとなく、ね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック