雑記「Vixi et quem dederat cursum fortuna peregi.」

月光のカルネヴァーレ 3 J・さいろー

完結。全三巻。
私はさいろーさんの作品に関してはあまり冷静に語れないので、分析などは他の方にお任せしたいと思いますが――前にも述べたようにゲーム「月光のカルネヴァーレ」のスピンアウトとして非常に優れた作品だと思います。
独立した小説としても、ゲーム本体よりむしろ闇を増したとすら言える、仄暗く妖しい御伽噺の世界はとても魅力的でした。「人形」との恋物語や変生譚などのお話が好きな方には、是非ご一読をおすすめ致します。

物語の内容については、正直何を書いてもネタバレになってしまうので――ここはタイトルの言葉を捧げることで私の感想に換えさせて頂ければ、と思います。
ではでは。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック