雑記「学校の空談」

生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2 (富士見ファンタジア文庫 166-8 碧陽学園生徒会議事録 2) 葵せきな

二巻になったからといって何か大きな展開があるわけでもなく、相変わらずひたすら生徒会室で駄弁るこの作品。ですが、会話の加速(暴走)度合いはスピードをさらに増した感があります。
化物語の掛け合いをひたすら馬鹿話方向に振ったらこうなるかなーという感じで、極めて軽い気持ちで楽しめました。真冬ちゃんがどんどんイイ性格になっていくのがすばら(ry
ひたぎさんみたいな方もいらっしゃいますね。ツンドラツンドラ。
一巻が気に入った人には文句なくおすすめ。駄目だった人はスルーでおk――そんな作品ですが、これはこれで。

シュピーゲル読む時間がない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック