雑記「秋山は書いた。古橋は(ry」

DRAGONBUSTER 1 (1) (電撃文庫 あ 8-13 龍盤七朝) 秋山瑞人

ようやく出してくれた、と言う感じの新作。
古橋秀之と世界観をシェアする形での創作ということですが、基本的には中華的世界が舞台の武侠小説(?)といったところでしょうか。
古橋氏がかつて出した「ノウエム」との親和性も感じられます。
最も、少なくとも今の所はあのような異形が頻出する世界とは見えませんが。
派手な立ち回りよりはむしろ登場人物の地に足のついた描写が魅力的。
そういう意味では、田中芳樹や井上祐美子の描く中国歴史小説とより親和性があると言えるかもしれません。
この作品自体は次巻でクライマックスまで行くらしいですが、秋山氏には何卒定期的に新作をお願いしたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック