雑記「柔らかな断絶」

YOUR DOG (TENMAコミックスRiN) (TENMAコミックス RiN) 関谷あさみ

既に一部では絶賛されている関谷あさみさん、三冊目の単行本。
少女の肌の感触、体温が紙面から伝わってくるような柔らかな絵柄がその最大の魅力ですね。
えろ漫画は、えろすに拘るとどうしても物語の側面から見て弱い作品が多くなる傾向にありますが、本作は一冊通して歩という一人の少女を中心に据えることで、濃密なえちぃを描きつつもストーリー面で強化が図られています。まあ、以前から三兄妹の話等、そういった部分も上手い方でしたが。
個人的には町田ひらく、蜜柑R、三浦靖冬、八的暁といったストーリーも重視するタイプの作家と、あくまで絵の可愛さ、エロさを第一義とする作家陣の中間に位置する作風かな、という印象を受けます。
関谷さんの少女に向ける視線は、あくまで女性のものでありつつも男性的な感覚も取りこぼさずに掬い上げていて、そのバランス感覚が私には心地良く思えるのですが――皆様は如何でしょうか。

鍵は恐らく、男主導のSEX時の描写では、少女の内面に立ち入りすぎないこと、にあるのかな。
歩の心の流れは別枠で歩視点の話を作って間を埋め、「男性から見て不透明で、だからこそ魅力的な少女」は柱の部分で「不透明なもの、寄り添いつつもやっぱり何処かに断絶のあるもの」として描写する。
二つの視点を併用することでこの淡い物語を描ききった、という風に思えます。
この辺は視点変更のあるエロゲとかと似たような感覚ですね。
女性がエロスを描くと、人によってはポエム化することもままあるような気が致しますが、そうした部分での抑制が効いているところが幅広く支持を得ている理由なのかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック