雑記「えすえふな気分」

購入物。
逆転世界 (創元SF文庫) クリストファー・プリースト

「奇術師」「魔法」あたりを先に読んどくべきだったかなーと思いつつ、設定に惹かれて買ってしまいました。
移動都市が舞台ということでラノベで言うと「冬の巨人」とかDの四巻とか思い浮かべてしまいそうな感じですが、これは良い「異世界ならではのルール」が楽しめそうな雰囲気の作品ですね。期待。

秋の星々の都 [永遠の戦士フォン・ベック2] (ハヤカワ文庫 SF ム 1-34 永遠の戦士フォン・ベック 2) マイクル・ムアコック
ファン向けのムアコック。長編一本と短編一本を収録。
この時期のムアコックは文章もやや回りくどく、お話も解り易いヒロイック・ファンタジーではないので、あくまでエターナル・チャンピオンのシリーズやムアコックならなんでも好きな人向けの小説。
――かとは思いますが、舞台となる時代は長編がフランス革命の頃で短編がナチス時代(厳密には違いますが)とこの辺は中々ツボな方も多いと思いますので興味をお持ちの方はどうぞ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック