雑記「変化・進化・深化」





生々しいロリ系のえろ漫画を得意とする八的暁氏の新刊。
主な掲載誌が「LO」に比べてライト系の「Rin」だったせいか、どことなく少女の顔や等身の描き方を模索しているような印象も受けます。
個人的にはこの変化は歓迎したいところ。「あまり2」辺りの絵では氏の新たな魅力が発見できるかもしれませんね。
とはいえ、背徳感バリバリのねっとりした性描写は相変わらず、且つ一層美麗になっているので、従来のファンも満足できる作品集ではないでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック