雑記「胸が痛くて泣きそうなのは キミのせいなんだ」


とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)
アスキー・メディアワークス
竹宮 ゆゆこ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 どんどんすべり出して自分じゃないみたい
 だんだん不安になって今夜も又眠れない

引き続き疾風怒濤の8巻。
ヒロインたちが駆使する嘘と駆け引きの庭で、竜児はどっち方向に覚醒するのでしょうか。
個人的には亜美の言葉がなかなか興味深かったですね。
完全に降りたのか。あるいはそれもまた予防線なのか、ポーズなのか。
みのりんが抱える爆弾も、単なる大河への友情からくる遠慮だけではないような、そんな雰囲気。
アニメにもなったことだし、しばらく巻数をかけてじっくり描くことになるのかなー。
終わらせるつもりなら一巻で締めることも可能だと思うんですけどね。
人気で続いてくれるのは嬉しいのですが、マリみてみたいな状況には陥らないで欲しい所であります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック