雑記「帰ってきた男」


さくらら! (MF文庫 J い 1-5)
メディアファクトリー
伊都 工平

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


「モノケロスの魔杖は穿つ」や「天槍の下のバシレイス」などで知られる伊都工平の新作。
筋立て自体はどこまでも王道な物語を描きながらも、常に王道から微妙にずれた語りを駆使する伊都氏ですが、本作でもその独特の味は健在。
今までよりわかりやすいラブコメ要素を投入している……ような……気はするのですが、ヒロインというか女性陣が例によって性格破綻者ばかりなので結局は「いつもの伊都工平」になっています。
しかしミサキ・ハックベリーは可愛い。
ちょっと長○に似てない?とか言っちゃいけないのです。
仮に似てても可愛いものは可愛いので問題ないのです。ひゃっほう。

……さておき、明るい話を書いてる筈なのに、いつのまにか骨格からにじみ出てくる仄暗さがたまりませんでした。
まあファンにはそれがいいんですけどね。いいぞもっとやれ。



彼女は戦争妖精 1 (ファミ通文庫 う 1-6-1)
エンターブレイン
嬉野 秋彦

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


嬉野秋彦を読むのは二作目。前回は「ゼランディーヌ」でしたが……うーん。
あまり奇を衒わず、なおかつ魅力的(……ロリ的に?)な素材を提供しているとは思うのですが、全体としてはやや平坦な流れで盛り上がりに欠けるような気がします。個人的にはゼランディーヌのほうが好き。
クリスタベルは可愛いですし、主人公の造形も悪くはないと思うんですけどね。
次巻に期待という感じでしょうか。イラストはなかなか魅力的。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック