雑記「出会いは億千万の胸騒ぎ」


ミスマルカ興国物語 III (角川スニーカー文庫 150-22)
角川グループパブリッシング
林 トモアキ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



例によっておりがみから読んでる人にはクスリとできるネタを満載した3巻。
とは言え、そろそろ作者のほうにもエンジンがかかってきたようで、マヒロのひねくれ具合にも対抗できる人材が帝国側にもぼつぼつと。中々緊張感のある展開になってきたのではないでしょうか。
しかし、パリエルのご先祖様があの人だったとは正直意外でした……旦那は誰なんだろうw
セルヴェチカはなんとなくナナリーっぽいですがいい感じに可愛いですね。うんうん。
……僕はコウさんと同じ性癖の人じゃないですよ?(説得力皆無)
ともあれ今後にはマスラヲとあわせてますます期待したいところです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック