創作「おとぎ話。」

 ――むかしむかしの、おはなしです。

 あるところに、せかいでいちばんよわいしにがみがおりました。
 ふだん、しにがみたちはじぶんとつながるしそんから、たましいをあつめてくらしていました。
 あつめたたましいがおおいほど――つまり、しそんがおおいほど、しにがみはよりつよくなれるのでした。
 しかし、そのしにがみには、もうしそんがひとりもいなかったのです。
 せんそうやびょうきで、ずっとまえにしにがみとつながるにんげんはひとりもいなくなっていました。
 しにがみはおもいました。
 ほかのしにがみから、たましいをうばってつよくなろう、と。
 そのためには、ほかのしにがみをたおして、かれらとしそんをつなぐたましいのいとをうばわねばなりません。
 しかし、いちばんよわいしにがみであるかれがたたかっても、かてるわけがありません。
 しにがみはおもいました。
「じぶんのかわりに、ほかのしにがみをたおしてくれるひとをさがそう」
 そこでしにがみはあるとき、ふたりのこどもととりひきをしました。
「じぶんのかわりに、しにがみたちをたおしてください」
 でも、ふつうにたのんでも、こどもがきくはずはありません。
 そこでしにがみは、ずるくてひどいとりひきをもちかけることにしました。 
 ひとりのおとこのこと、ひとりのおんなのこ。ふたりをまえにして、しにがみはいいました。
「うつくしいけれど、つらいしにかたと、みにくいけれどらくなしにかたと。どちらがいいですか」
「どちらもいやです」「どっちもいや」
 おとこのことおんなのこはこたえました。
 とうぜんですよね。
 でも、しにがみがききいれるはずもありません。
「でも、しにますよ?」
 ふたりのこどもはびっくりしましたが、そういわれてひっしにかんがえました。
 おんなのこはおもいました。
「どうせしぬのなら、うつくしくしにたいわ」
 おとこのこはおもいました。
「どうせしぬのなら、つらくないほうがいいなあ」
 ふたりのかんがえをきいたしにがみは、にっこりわらっていいました。
「それでは、そうしてあげましょう」
 しにがみは、ふたりのこどもをころしてしまいました。
 それから、しんでしまったふたりのまえでいいます。
「とりひきを、しましょう」
 ――いきかえりたければ、わたしのいうことをきいてください、と。
 おんなのこはたずねます。
「あたしたちみたいなこどもが、どうしてしにがみをたおせるの」
 しにがみはこたえます。
「しにがみは、いきているにんげんからたましいをうばうことはできます」
 ――でも、しんでいるにんげんからはうばえません。
 そうしにがみはいいました。
 ――つまり、とおとこのこはおもいます。
「ぼくたちはしんでいるから――しにがみは、ぼくたちをたおせない?」
 しにがみは、はくしゅしておとこのこをほめたたえました。
「そうです。きみたちはしんだまま、このまましにがみをたおしにゆくのです」
 とってもむじゅんしていますね。
 でも、しにがみがもちかけたのはそんなひどいとりひきだったのです。
 そしておんなのこは、のぞみのとおり、うつくしいままで。もういちどしぬこともなく。
 けれど、すべてのいたみをひきうけたままでゆかねばならないのでした。
 そしておとこのこは、のぞみのとおり、いたみもくるしみもかんじることなく。
 けれどそのからだはときがたつほどつめたく、みにくくくさってゆくのでした。
「ちんつうざいと、ぼうふざいをあげましょう。それと、しにがみをたおすためのぶきを」
 しんせつにそういうしにがみのかおは、とてもうれしそうで。
 そのえがおをみたこどもたちは、ああ、どうしようもないな、とおもいつつも。
 そのときはまだ、じぶんたちがしんでいるということの、いみもよくわからないままでもあったので。 
 だからでしょうか。おんなのこはおもいました。
「このしにがみもかわいそうなひとなんだわ。りふじんだけど、がんばるしかないのかしら」
 だからでしょうか。おとこのこはおもいました。
「どうかんがえてもぎゃくたいされたうえにさくしゅされてるけど。でも、おんなのこがやるきだし、がんばるしかないのかな」
 ――そうして、ふたりはそっとためいきをつきました。
 それが、まだいきていたふたりがついた、さいごのあたたかいいきでした。
  
 そうして、どうにかして、あれこれしてから。
 おとこのことおんなのこは、ながいながい――とてもながい、たびにでたのでした。

 ――むかしむかしの、おはなしです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月16日 18:25
すべて平仮名で、読みにくいかなと思ったら、惹き付けられて、読んでしまいました。何とも不思議な味わいの物語です。
紅茶
2009年03月16日 18:35
うお、もう反応がっ! ありがとうございます><;

この記事へのトラックバック