雑記「いまは、さまようのをやめよう」

"So we'll go no more a-roving"

  So we'll go no more a-roving
  So late into the night,
  Though the heart be still as loving,
  And the moon be still as bright.

  For the sword outwears its sheath,
  And the soul outwears the breast,
  And the heart must pause to breathe,
  And love itself have rest.

  Though the night was made for loving,
  And the day returns too soon,
  Yet we'll go no more a-roving
  By the light of the moon.

  いたくも更けたこの夜に
  さまよい出るのをやめよう
  こころはまだも愛に燃えたち
  月は明るく照らすとも。

  剣は、鞘がやぶれた後まで残り
  魂も、胸のはりさけた後まで、と人はいう
  しかし胸には、憩いの息をあたえねばならぬ
  恋にも、やすらかな静まりを。

  夜は、恋するためにつくられ
  そしてたちまち昼はかえってくるが
  しかし、われらは、さまようのをやめよう
  月光にいざなわれてさまようのを。


  新潮文庫「バイロン詩集」阿部知二訳より。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック