えろげー雑記(74)「女神の抱擁」

グランドフィナーレ。




二枚組サントラ&ドラマCDの大盤振る舞い。
一枚目中盤でエンジンがかかってからは二枚目ラストまでひたすら燃える曲のオンパレード。
現在ヘビロテ中です。



こっちも二枚組。ドッペルアドラーはかませと思いきや……
ベアトリス(と中の人)はNeuenも含めいろんな意味で大活躍でしたね。

以下はすでに出ているドラマCDとか。





Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ちなみにドラマトラック「1945」は公式からダウンロードできます。
Einsatzのシングルには完全版が入っているそうですが、そっちは僕も聴いてない。

Diesirae ドラマCD Wehrwolf
HOBiRECORDS
2007-01-26

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 時系列順だと
 本編におけるルサルカの回想→マリィの回想→ハイドリヒ卿の回想→Morgen→1945→segen→本編→Wehrwolf→本編→(玲愛エンド)→NeuenのドラマCD、となりますね。
 はっきりいってわけわかめでござる(´・ω・`)
 たぶん設定上はアンナ・シュプレンゲルのほうがマルグリットより年上……になるはず。

 さておき、通してプレイし、聴くことでようやくこのお話をひとつながりのものとして飲み込むことが出来たような気がします。
 ERO-GAMERSのレビューでも書いたように、今まではどうしても幾許か引っかかりが残っていたので。
(http://www.ero-gamers.com/09/koucha.html)

 いずれにせよ、劇終について語るのはもはや野暮というものでしょう。
 良いカーテンコールでございました。
 今はただ、杯を――
  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック