雑記「静かな炸裂」

the pillowsの山中さわお、初のソロアルバム。

ディスチャージ
DELICIOUS LABEL
2010-06-23
山中さわお

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



 バンドともプレデターズとも違う、しかしさわおでしかありえない曲の数々。
 曲の構造自体はさほど両者と異なるわけではないのだが、バックのサウンドを創り出す人間が違うだけで雰囲気はだいぶ変わるのだな、ということを改めて思うなどした。ピロウズにおける真鍋、佐藤、そしてベースの人の存在感のなんと強いことよ。
 「ロックンロールバンドとしてのピロウズ」を強調したプレデターズに対し、このソロはそれ以外の部分を占めるさわおの内省的、静的な部分を強調した感が強く、それ故最初のインパクトはやや弱いが、スルメ的な味わいが期待できるアルバムではあると思う。
 既存曲との比較では、例えば「Beautiful Picture」や「白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター」のような淡々と進行する曲に近いものを感じるが、しかしそれらに確かに存在していた感情の段階的な炸裂は、今回に関しては徹頭徹尾抑制されている。(ただし、さりとて炸裂が存在しない、というわけでもない)
 この抑制がどういう心境によって起きたのかはよくわからないが、こういう違いがなければそれこそ「ピロウズでやればいいんじゃね?」と言われかねない楽曲群ではあるので、おそらくこれでいいのだろう、たぶん。
 ともあれ、さわおのファンなら安心して聴けるアルバムではある。ゲストもそれぞれ良い仕事。
 デュエットとかなかなか新鮮だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック