雑記「舞う雪は星の欠片」

\綺羅星/



 というわけで一巻到着。
 改めて見直すと若干シーンが追加されてる気がしないでもないが気のせいかもしれない。
 MADばっかり見てたせいかも。
 とりあえず1話のOP入るタイミングはあれっという感じ。ここだったっけ……?
 さておき、解説で書かれている通りに3話の作画は逸脱していて面白かった。
 ずっとあのスタイルでやられると暑苦しいけど、たまにはいいよね!
 改めて見ると、スターソードを出せるシルシ持ちであれば最初の封印は解ける、ということなのか、ヘッドのディアマンでないと駄目なのか、というのは1話を見た限りではわからないな。
 ヘッドがいずれにしても特殊な存在なのは明らかなので、まあどっちでも理屈は通じるのだろう。

 マスターに替わって副部長をもふもふしつつ南十字学園で生きていきたい。
 こちらの国はまだ星の欠片で一杯。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック