雑記「Blues for Moore」

先日、ゲイリー・ムーアがこの世を去った。

 50代での死ということでいささか早すぎる感はあるが、ブルースにより深く傾倒して以後のアルバムからは僕は距離を取っていたため、残念さの意味はずっとファンだった人とはやや異なるかもしれない。
 とは言え、こうなると最近のアルバムも聴いてみたくはなるのだけど。
 僕にとってのゲイリー・ムーアは、まず「Wild Frontier」であり「After The War」であり、そしてThin Lizzyから前者に至までの名曲の数々である。
 盟友フィル・ライノットと同様、そのヴォーカルは味はあっても上手いとは必ずしも言えないものだったが、しかしそれでも彼が歌いギターを弾くことでしか完成しなかった名曲は数多い。
 以下、つれづれなるままに個人的に好きな曲を並べてみたい。
87年のライブから何曲か。
Gary Moore Wild Frontier Live 1987

Gary Moore-Over the hills and far away...live 1987

Gary Moore Empty Rooms Live 1987

The Loner - Gary Moore Live in Stockholm 1987 (RIP Gary)

Gary Moore Thunder Rising Live 1987

Gary Moore - Out In The Fields, Live in Stockholm 1987
 

Thin Lizzyからはとりあえず二曲。好きな曲はいっぱいあるけれど。
Gary Moore - Emerald (Tribute to Phil Lynott) [HQ] [4/10]

Black Rose - Gary Moore Thin Lizzy Phil Lynott tribute in 2005



あと、ちょっと音が悪いけどこれもあげておこう。
Gary Moore After The War live in Belfast March 9th 1989


最後はこれで。
Gary Moore - The Messiah Will Come Again


R.I.P.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック