雑記「No Pain,No Life」

[ZEGAPAIN]ゼーガペイン http://www.zegapain.net/

 某氏からブルーレイBOXを借りたので視聴。
 面白かったです。氏も言っていましたがこれは一気に視るべき作品ですね。
 完全な説明回とか伏線回収だけの地味な回とかもあったりするので本放送時はややたるく感じる人もいたのかも。
 通して視ると細かいところまで気を使って作られていたのだなあと感じられますね。
 あと、ロボットアニメとして考えるとゼーガ三機種もカブラルもアンチゼーガ二種も格好いいのだけど、デザインラインが統一されているが故に遠目だとわりと没個性に見えて2クールのTV放送というスタイルではマイナスだったのではないかしらん。テコ入れもほとんどなかったし。
 敵が没個性、というのはお話の根幹に関わる部分なのでむしろそうでないと矛盾が生じるし仕方ないよなー、とは思うのですが、何というか色々売りづらいお話ではあったのだろうなあ、とか。
 キャラはカミナギを愛でるかルーシェンに腐萌えするのが正しい在り方だと思いますええ。
 しかし最初ほぼ無演技のハナカナが気が付いたらカミナギ以外の何物でもなくなってるあたり、声のチカラとは実に罪深いものだなあと感じました。
 あと、構造とか思想とか色々結びつけようと思えば出来ないことも無い気はしますが、作中で提示されている結論は至って一般的なものなのでそんなに面白い話にはならないような気もします。

 ともあれ非常に楽しく視ることができました。感謝。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック