雑記「四周目の世界」

そんな新作にして傑作。

トライアル(DVD付)
avex trax
2012-01-18
the pillows


Amazonアソシエイト by トライアル(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 さわおがリーダーになってからのピロウズは、今振り返ってみると「Smile」までを1期、それ以降からのキング時代を二期、エイベックスに移ってからを三期――個人的にはそう呼べるような気がしているのだけど、その勝手な感覚で敢えて言うと、本作は間違いなく区切りの作品、第四期のスタートと言って過言ではない作品だ。
 歌詞世界については前作「Horn Again」ですでに厭世的なさわおらしい(失礼)フレーズが頻出しており内面の鬱屈を伺わせていたが、本作はそれに加え曲の勢いが段違い。アップテンポの曲が多いこともあり、より解き放たれた叫びが全編を覆っている。「Comic Sonic」「エネルギヤ」「Minority Whisper」「トライアル」と、四曲のすぐれてキャッチーな名曲に加え、それ以外も粒ぞろいの今作は間違いなく新たな代表作と呼ぶに相応しい。
 サウンドは若干バランスが変わった印象で、眞鍋氏のギターも佐藤氏のドラムも、サポートのベースすらもかなりきっちり自己主張してくる。全体としてはよりロックらしさが強まった感。
 総じて極めてギター・オリエンテッドな作品でありながらキャッチーさも過去最高レベルで保たれており――いや、勿論過去のオマージュ的な歌詞やメロディによるノスタルジーも影響してはいるのだろうが、しかし全体的にはノスタルジーより新鮮さが優越していると思う。
 このアルバムを代表する一曲、となれば歌詞の力も曲のキャッチーさも半端ない「エネルギヤ」だと思うが、個人的には「Minority Whisper」を推したい気分。歌もメロディラインも演奏も全てが素晴らしかった。
 ――とりあえず、こんなところか。

 (熱に浮かされつつ、また聴き返すことにする)








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック