雑記「戦術鬼紀行2」

四章に入りました。 タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)スクウェア・エニックス 2010-11-11 Amazonアソシエイト by 途中カオスルートを経由。ハボリム以外はだいたい仲間に出来た……かな? しかしクレシダで詰まったのでとりあえずレベル18くらいまでを目指して放浪中。 現在の人員は31名で平均レベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(epilogue)」

「水(Aqua)」  ――周に与えられた致死許可証は、二つの意味を持つ。  それはすなわち「ライセンス停止中は、『お前は』絶対殺すな」という逆説的な禁忌。  そして、だからこそ、自身のディクタットが停止している限り、周は決して「樹が殺す」こともまた受容しえないだろう、という上層部の読み。  周はそう見られていることを無論承知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(14)」

ChapterⅩⅣ:interlouge  移動するワゴン車の中。  運転するのはコンスタン、助手席にはミュサ。  後部座席は簡易ベッドに変貌し、そこではシスター・リゼルが今眠っている。 「ブラザー・コンスタン。あの――」 「ワームの事なら心配いらん。私とリゼルはさておき、君の脳は綺麗なままだよ」 「そんなことを聞きたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(13)」

ChapterⅩⅢ  エフドは舞うが如く腕を揮う。  その動作は無駄が無く的確だ。心ある者が見れば美しいとすら感じるだろう。  こんな状況でなければ僕も拍手しているかもしれない。 「すばしこいねえ、二人とも」  エフドは嘆いてみせるが、その口調にはまだ余裕があった。 「しかし、アマネ――君はそうやっていつまでイツキに頼る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「戦術鬼紀行」

今更だがはじめてみた。 タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)スクウェア・エニックス 2010-11-11 Amazonアソシエイト by オリジナルもやってないのでほぼ事前情報無しのスタート。 現在二章カオスルートの途中、森林への道が開いたところ。 LV11で城行ったらヴァイスとの一騎討ちで瞬殺されたのでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(12)」

ChapterⅩⅡ:interlouge  調子外れなサックスの音が流れている。  美術館の敷地を見下ろせるビルの屋上。  件神無子が扉を開けると同時に、音は止んだ。 「――やあ」  黒いサングラスと黒い肌、そして黒いスーツの巨漢。  大烏の化身、と言われれば信じてしまいそうな男が、柵にもたれてサックスの口を拭っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(11)」

ChapterⅩⅠ 3.Fortuna  褐色の肌をした少年だった。  くたびれたジーンズにTシャツ。  それに一枚上着を羽織っただけの軽装。  手にも武器らしきものは一切無い。  外見だけならどこにでもいる不良少年にすぎなかった。  その眼と口調を除けば。 「さて――始めまして、かな、アマネ・クダン」 「………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「魔法少女血風録」

「魔法少女まどか☆マギカ」11話、12話を視聴。 4月27日、リンクをいくつか追加。 参考記事: 404 Blog Not Found:奇跡も、魔法も、あるんだよ - 作品評 - 魔法少女まどか☆マギカ http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51672499.html 『魔法少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「花々」

くさかんむりに化物、の新作。 花物語 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト by  草は蒼であり走であり想でもあったのかな、などと思った読後。  神原が主役&語り部ということでやや地味な評価を受けてるような気はする。  実際、作品内部でも沼地さんの語る比重が結構高かったりするし。  至って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票「好きなライトノベルを投票しよう(2010下半期)」

※集計に反映されなかったようです……とりあえず私的メモとして残しておきますお(´・ω・`) ラノサイ杯が平和氏ご多忙により終了、ということで残念に思っていたのですが、このほどいちせ氏が同種の企画を立ち上げられました。 ラノツイという企画もあったのでどっちにしようかとも思ったのですが、気付いたのが今日だったのでとりあえずこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(10)」

ChapterⅩ:interlogue  朝の街を少年は歩く。  軽やかに、憂いも迷いも無く。 (行くんだね) 「――何処から見てるの?」 (君の側に私の欠片が居るからね) 「――ああ、この傷か。道理で治りが遅いと思った」  少年の右手には浅い切り傷が残っている。 (ほじくり出せば居なくなりますよ――おっと、話ぐらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(9)」

ChapterⅨ  朝7時30分。 「課長、指示を」  黒い仕事着を身にまとい、僕は課長と最後の打ち合せをしている。 「昨日のうちに停止解除申請はあげたわ。許可が下りればコールするから、戦闘中に吃驚しないことね」 「――感謝します、と言えばいいのかな」 「いらんわ。あたしから言うことは一つだけ――樹を死なせちゃ駄目よ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「ばびゅーんと流星のように」

4月4日、最終回視聴後の感想を追加。 >最終回  駆け足という印象こそ拭えなかったものの、期待したものはほぼ全部ぶち込まれた熱い展開でした。  ヘッドとのバトルも綺羅星の参戦も、最後のザメクとのそれも作画といい演出といい、一話の密度としては文句なしの出来。それだけに余計尺が足りなかったのではという思いもつきまといますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑記「魔法少女の円環」

つぶやきの雑然としたまとめ。 ネタバレ的なものが結構埋まっているのでご注意を。 赤字は想像力の敗北、みたいなものかしら、かしら。 線引いた所はお察し下さい。 「円環少女」について ・なのは映画のトレイラーみてたら「円環少女」はなのはの裏と捉えることもできるのかなーと思えてきた ・円環で最初に思い浮かぶのがセラ・バラー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

創作「いつでも君は、僕より優しい。(8)」

Chapter Ⅷ:interlogue  ――市警の一個小隊が消息を絶って、既に16時間が経過しています。関東警察の皇統括本部長は先ほど声明を発表し、テロリストの行動を非難するとともに…………当局は現場から逃走した車両のナンバーと写真を公開し、情報を求めています。情報は110番、もしくは関東警察のHPまで―― 「泡星の死体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「LET THE RIGHT ONE IN」

DVD二本。 ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]アミューズソフトエンタテインメント 2011-02-04 Amazonアソシエイト by  綺麗だろ……これ、ショタなんだぜ……  というのはさておき(´・ω・`)良い意味で大雑把なヴァンパイア映画。  映像は繊細かつ綺麗なのだけど、お話としては本当にざっくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「あっき、またでた!」

読了。 小説「装甲悪鬼村正 妖甲秘聞 鋼」 鋼屋ジン http://www.nitroplus.co.jp/news/2011/02/110210_1945.php ドラマCDを聴いていなかったのでわりと新鮮な気持ちで読めた。 鬱々とした中味でも所々笑えるポイントを差し込んでくるのは本編と同様。 ただでさえ重苦しい話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「Blues for Moore」

先日、ゲイリー・ムーアがこの世を去った。  50代での死ということでいささか早すぎる感はあるが、ブルースにより深く傾倒して以後のアルバムからは僕は距離を取っていたため、残念さの意味はずっとファンだった人とはやや異なるかもしれない。  とは言え、こうなると最近のアルバムも聴いてみたくはなるのだけど。  僕にとってのゲイリー・ムー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「Bitter Sweet Almighty」

@baruto氏とのコラボも今回で四作目。 【ニコニコ動画】【鏡音リン】 Bitter Sweet Almighty 【オリジナル】 僕が言うのもなんですが、この曲はいい! メロディもアレンジも素晴らしいと思います。 リンのイラストもかわいいです。 伸びてほしいなー…… 歌詞はまあそのなんだともかく。 自分では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more