テーマ:R18

雑記「お買い物」

18禁物も含めいろいろと。 まよみさんはしあわせになってほしいと思いますの…… 表題作と「こわれものたち」もMの人にはこたえられない出来。 少女に言葉責めされたい人は是非。 パンダかめんの最期 (TENMAコミックス RiN)茜新社 2011-01-28 秋葉 凪人 Amazonアソシエイト by 青の時代 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「えろ漫画とか。③」

※※以下18禁作品に関する情報を含みます※※ 2008年のお買い物をぼちぼち振り返ってみましょうかね。 ちなみに去年の記事。(http://atslave.at.webry.info/200712/article_15.html) 今回、特にテーマはありませんが……まあ並べてみると私の好みは丸判りではないかと>< 興味のある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「やさしいきちく」

おじょうさまのひみつ (セラフィンコミックス)ヒット出版社 犬星 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ほのぼのレイプを描かせれば右に出る者はいない(?)犬星先生の新刊。 今回は男キャラの鬼畜成分がやや多めとなっておりますが、作品を貫く甘さと明るさは今までと同様。ファンなら戸惑うことは特にないでしょう。 むし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「変化・進化・深化」

少女嗜好(TENMAコミックス) (TENMAコミックス)茜新社 八的 暁 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 生々しいロリ系のえろ漫画を得意とする八的暁氏の新刊。 主な掲載誌が「LO」に比べてライト系の「Rin」だったせいか、どことなく少女の顔や等身の描き方を模索しているような印象も受けます。 個人的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「やっと買えたー」

というわけでおっきなお兄さん向けの記事。 しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)茜新社 佐々原 憂樹 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ えろ漫画家の中で、個人的に今最も注目している佐々原憂樹氏の新刊です。 といっても、氏の魅力を一言で語るのは中々難しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「萌えエロと一口で言うけれど」

例えばどういうものを指すんでしょうね。 放課後・まっどてぃーぱーてぃー (ポプリコミックス)マックス De Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 小悪魔と仔羊と子猫たち 新装版 (ポプリコミックス)マックス De Amazonアソシエイト by ウェブリブログ むう……表紙が出ない(´・ω・`) 個人的には同時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「柔らかな断絶」

YOUR DOG (TENMAコミックスRiN) (TENMAコミックス RiN) 関谷あさみ 既に一部では絶賛されている関谷あさみさん、三冊目の単行本。 少女の肌の感触、体温が紙面から伝わってくるような柔らかな絵柄がその最大の魅力ですね。 えろ漫画は、えろすに拘るとどうしても物語の側面から見て弱い作品が多くなる傾向にあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「えろ漫画とか。②」

※※以下18禁作品に関する情報を含みます※※ ちなみに前回の記事はこちら。 http://atslave.at.webry.info/200705/article_2.html 今回のテーマは『妹という記号にハアハアしてしまうお兄ちゃんに薦めるえろ漫画』といった所でしょうか。ややピンポイントに絞っておりますが、まあネタとしてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「えろ小説とか。」

※※成年向け作品に関するコメントを含んでいます。ご了解の上で閲覧下さい※※ えろ方面紹介記事第二弾。 前回の漫画篇より一層まにあっくになっておりますので、駄目だこいつオワットルと思った方はお早めにご退室下さい。 一応、美少女文庫的なものから始まってエロゲー中心の人でもこのへんまではイケるだろ、的な作家さんとその中で私が好きな作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記「えろ漫画とか。」

※※18禁作品に関するコメントを含んでいます。ご了解の上で閲覧下さい※※ えー、なんといいますか突然ですけども。 えろ漫画というのは、AVとかえろげーとかえろあにめとかと比べるとより個人的なメディアだと思うのですね。 アシも使うとは言え基本的に一人で作られる分、より作者の想い、あるいは妄念がダイレクトに現れる。 そしてテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more